米国における契約違反と法律違反

裁判所からの出頭命令に対しての異議申し立てには期限が定められています。その際は経験のある適切な弁護士が必要です。米国では医者と同じようにそれぞれの専門分野に特化した裁判専門の弁護士がいます。期限切れになった場合賠償裁判では全面的に相手への賠償が決定されます。出頭命令の放置はもちろんのこと、日本の本社に問い合わせているうちに期限切れになってしまう等も気をつけなければいけません。そして安易な示談はまた同じようなケースを別の人物や会社から持ち込まれる可能性を作ってしまいますので、慎重な判断が大切です。

刑事訴訟の場合は、将来米国に入国する際に間違いなく問題になります。会社訴訟では訴える相手を本社・関係会社・役員にするのが通常です。場合によっては社員・役員が米国に旅行に来る際に入国審査で拒否されることにもなりかねません。